ダイエットで肥満におさらば!病院利用で効率アップ

医者

骨にできた腫瘍

smiling

若い世代に多くみられる

骨の腫瘍には骨そのもに発生する原発性の骨腫瘍とほかの臓器や組織に発生したがんや肉腫が転移、浸潤する続発性の骨腫瘍があります。骨肉腫は発生した場所で大きくなったり肺やほかの場所に転移をしてしまう危険性が高い高悪性度骨腫瘍になります。骨肉腫は大腿骨の下部に最も多く発生する腫瘍です。10〜20歳代に多くみられる腫瘍になっています。発症の原因として成長期の時に骨へ何らかの刺激が加わってできたものや、放射線によるもの、既存の骨の病気や遺伝子の異常が挙げられていますがはっきりとした原因はまだつかめていないのが現状です。骨肉腫のように悪性の高い腫瘍にはほかに、軟骨肉腫やユーイング肉腫、線維肉腫などが挙げられています。

切断・離断で治療

小児の骨に発生する腫瘍の多くは骨肉腫か軟骨肉腫です。体を動かしたときに軽い痛みが出る程度の症状が最初のほうにはありますが次第に痛みが強くなって来て腫瘍部分のはれや、熱感を感じることができます。下肢にできてしまった肉腫では歩行障害や骨折を起こすこともあります。骨肉腫では放射線療法や化学療法の効果はあまり期待はできません。肉腫の切除や足の一部の切断、離断により治療を行っていきます。切断、離断された後は再発の防止とともに積極的なリハビリを行って切断箇所の機能の回復を進めなくてはなりません。義足などの道具がよく使われています。手術前に放射線の照射と多剤併用療法を導入することで治療の成績が上がってきています。