ダイエットで肥満におさらば!病院利用で効率アップ

医者

睡眠の質の低下の原因

smiling

自覚しにくい病気

睡眠時無呼吸症候群は、その名の通り睡眠時に無呼吸状態になるということを指します。睡眠時無呼吸症候群は、寝ている間に症状があらわれるため、自覚しにくいため、症状があっても気が付かないという人も多くいます。十分な睡眠時間を確保しているにも関わらず、昼間に強い眠気を感じる、寝た気がしないという場合には、睡眠時無呼吸症候群である可能性がありますので、早めに医師に相談するようにしましょう。睡眠時無呼吸症候群の治療効果は、個人差が大きく、場合によっては効果を感じることが出来ない場合もあります。そのような場合でも、自己判断で治療を中止することは避けるようにしましょう。医師に相談した上で、治療を継続することが大切です。

誰にでも起こりうる病気

睡眠中に無呼吸状態になることが30回以上あるという場合には、睡眠時無呼吸症候群であると判断されます。睡眠時無呼吸症候群は重症になると無呼吸状態が1分以上に及ぶ場合もあります。無呼吸症候群の原因は、気道が狭くなっている・呼吸中枢に異常があると2つが考えられますが、多くは肥満や骨格的な構造により気道が狭くなることで発症すると言われています。治療方法としては、マウスピースを使用する方法や専用の装置を使用する方法など様々な方法があります。一人ひとりの症状や状態、原因によって適している治療方法は異なりますので、専門医の診察を受けた上で、治療開始するようにしましょう。睡眠時無呼吸症候群と診断を受けた場合には、健康保険が適用されます。